新着情報
イベント・講座のお知らせ
社会福祉協議会とは?
支部の活動
ボランティア・市民活動センター
福祉サービスのご案内
各種事業のご案内
ご意見・ご感想
トップページへ戻る >> 福祉サービスのご案内 >> 介護保険サービス  

介護保険サービス
障がい福祉サービス
在宅福祉サービス
相談・生活支援サービス
福祉サービスのご案内
介護保険サービス
介護サービスに関する相談やサービス計画の作成・ホームヘルパー派遣など、さまざまな介護保険サービスを行っています。
介護保険とは?
  介護保険とは、社会全体で介護が必要な人とその家族を支え、できるだけ家族の負担を軽くしようとするしくみです。介護が必要になっても、できる限り住み慣れた家庭や地域で暮らし続けられるよう、介護が必要な方やその家族にあった様々なサービスや事業者を選び利用することができます。
介護保険でサービスを受けるには?
  介護保険でサービスを受けるには、まず「要介護認定」が必要です。手続きは次の通りです。
項     目
説       明
1 .要介護認定の申請 本人や家族の方が市介護保険関係窓口に申請書を提出
※居宅介護支援事業者などが申請を代行することもできます。
2 .認定調査の実施 訪問調査員が家庭などを訪問して、心身の状況等を調査します。
3 .主治医意見書の依頼 申請者の状態などについて、かかりつけの医師に意見書作成を依頼します。 (市が行います。)
4 .認定審査 医療・保健・福祉の専門家で構成される介護認定審査会で、審査・判定を行います。
5 .要介護認定結果の通知

判定結果により、市が要介護度の認定を行い本人に通知します。
※要支援1・ 2 要介護1〜5

6 .介護サービス計画の作成 介護や支援が必要とされ、介護サービスを受ける場合は 居宅サービス計画(ケアプラン)を作成することになります。 介護サービス計画は本人や家族の方が作成してもかまいませんが、専門の機関に依頼することができます。介護サービス計画作成の自己負担はありません。(全額介護保険で負担)
7 .介護予防プランの作成 要支援の方は、地域包括支援センターがプランを作成します。
 
社協が行っている介護保険サービスをご紹介します。
居宅介護支援事業
  心身の状況に応じた適切な居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、その計画にそったサービスの提供が確保されるよう、サービス事業者との連絡調整やその他の便宜を図ります。
対象者
要介護認定で「要介護 1〜5」の認定を受けた方
サービス
内容
(1)ケアプランの作成(介護計画)
(2)サービス事業者や施設との連絡調整
(3)要介護認定などに関する各種手続き代行
利用料
ケアプラン作成料は無料です。
相談受付

毎週月曜日〜金曜日 8:30〜17:15

お問合せ
居宅介護支援事業所「まごころ」
電話 0294-80-7000
 
訪問介護事業(ホームヘルプサービス)
  可能な限り、居宅において、その能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、訪問介護サービスによる援助を行い自立を支援します。
対象者
要介護認定で「要支援1・2」「要介護 1〜5」の認定を受けた方
利用料

・介護保険に準ずる。
夜間早朝(6:00〜8:00、18:00〜22:00)は25%加算
深夜(22:00〜6:00)は50%加算
※詳しくはお問合せください。

サービス
提供

365日24時間対応(夜間については相談に応じます。)

相談受付
毎週月曜日〜金曜日 8:30〜17:15
お問合せ
訪問介護事業所「まごころ」
電話 0294-80-7000
 
地域包括支援センター<市受託>
 高齢者が住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らせるよう、市や医療機関、サービス提供事業者などと協力しながら、高齢者の生活を総合的に支援するためにさまざまな相談に対応します。
対象者
高齢者やその家族
サービス
内容

・高齢者や家族、地域住民からの介護や福祉に関する相談への対応・支援
・要支援認定者のケアプラン作成や介護予防のためのサービスの案内や助言
・ケアマネージャーへの支援やネットワークづくり
・高齢者虐待防止やその他の権利擁護事業

利用料

無料

相談受付
毎週月曜日〜金曜日 8:30〜17:15
※緊急時については24時間常時連絡可能
お問合せ
常陸太田市地域包括支援センター
稲木町33番地(総合福祉会館内)
電話 0294-72-8881
常陸太田市地域包括支援センター サブセンター(支所)
町田町163番地1(市役所水府支所内)
電話 0294-70-5678

PDF※「地域包括支援センター」(PDF)

 
介護予防栄養改善事業
  いつまでも自分らしく健康に生活するために,バランスの摂れる食事の話や簡単調理の方法を学び,食事の知識を深めます。また,グループワークを行い,今後の食事スタイルを考えます。

介護予防口腔機能向上事業
  食べ物を噛んだり飲み込んだりするためには,口腔の状態を良くしておく事が大切です。口腔機能の重要性を知り,正しい歯磨きや口腔体操・唾液腺マッサージの方法を学びます。
 
介護予防サービス<市受託>
日常生活支援総合事業「シニア健康塾」
  65歳以上で介護認定を受けていない方が、基本チェックリスト等で生活機能低下が認められた場合、地域包括支援センターの作成するプランに基づき行う介護予防教室です。
 市が行う運動機能向上と社会福祉協議会が行う栄養改善・口腔機能向上を総合的に行う事業で、5ヶ月間集中的に行い、生活の機能向上を目指します。

【シニア健康塾】

〇よく噛み(口腔)ブラッシング指導・嚥下体操・歯科医師による講話等
〇よく食べ(栄養)栄養バランスチェック・簡単調理や保存食の講話・グループワーク等
〇よく動く(運動)下肢筋力運動・シルバーリハビリ体操・理学療法士の個別指導等

☆会場・時間・定員

  • 常陸太田地区 総合福祉会館(毎週火曜日の午前中)25名
  • 金砂郷地区  金砂郷保健センター(毎週水曜日の午前中)25名
  • 水府地区   北部保健センター(毎週金曜日の午後)25名
  • 里美地区   里美保健センター(毎週火曜日の午後)25名

☆参加対象となる方・・以下すべてが該当する方

  • 65歳以上で要介護・要支援認定を受けていない方
  • 基本チェックリストで生活機能低下のみられる方
  • シニア健康塾参加が適当と認められた方

☆申し込み方法

  地域包括支援センターへお問い合わせください
  (太田:72-8881  水府:70-5678)

<お知らせ>

  • 前期(5月〜9月)後期(11月〜3月)の年2回開催の教室です。途中参加はできません。
    開始2ヶ月くらい前に募集のチラシが配布されます。
  • 会場への送迎はありません。市民バスや乗り合いタクシー等をご利用ください。

一次予防事業

  高齢者団体を対象にした「健康教室」を行っています。

PDF平成29年度 健康教室一覧[PDF]

PDF平成29年度 健康教室申込書[PDF]

 
認知症サポーター養成講座<市受託>
  認知症になっても地域で安心して暮らせるよう、認知症を正しく理解し、認知症の方やその家族を温かく見守る応援者を養成します。

PDF※認知症サポーター養成講座申込書[PDF]

PDF※認知症サポーターキャラバン[PDF]

認知症キャラバンメイト/厚生労働省HP



 
▲ページのトップに戻る
 

このホームページに関する全ての著作権は、社会福祉法人 常陸太田市社会福祉協議会に帰属します。
Copyright(C)2005 社会福祉法人 常陸太田市社会福祉協議会. All Rights Reserved.