社会福祉協議会とは?

イラスト社会福祉協議会は、すべての市町村、指定都市、都道府県及び全国段階に設置され、社会福祉法に位置づけられている民間組織です。地域の皆さんやボランティア、保健、医療、福祉等の関係者、行政機関の協力を得て、すべての人が安心して幸せに暮らせる福祉のまちを目指す組織です。 

 

 

定款等

定款
役員等の報酬及び費用弁償に関する規定

運営方針

 今日の福祉を取り巻く環境は、少子高齢化や人口の減少、さらには核家族化の進行など地域社会の状況が大きく変化しており、地域のつながりも希薄化するなど、福祉課題が増加しています。
 これらの課題に対応するため、様々な制度が実施されてはいるものの,地域で安心して暮らし続けることができるよう、地域全体で助け・支え合う「地域共生社会」を目指し、支援体制の構築と切れ目のない支援の実現が期待され、地域の環境づくりや福祉の担い手としての人材育成、地域福祉活動やボランティア活動及び在宅福祉サービス等を実施している社会福祉協議会活動への期待はますます大きくなり、社会福祉の両輪である行政との連携を引き続き強化していく必要があります。
 このような中、常陸太田市社会福祉協議会は、市民・行政・関係団体等との連携と協働のより一層の強化を図り、「すべての人が安心して幸せに暮らせるまち」を目指し、本年度3年目を迎える「地域福祉活動計画」の具現化に向け、多くの市民の方々の福祉への理解と参加を得ながら、住民主体の地域福祉活動の推進、福祉を担うボランティアの啓発・育成並びに在宅生活を支えるための交流活動や見守り活動の促進など、各種福祉サービス等の充実に努めてまいります。
 また、社会福祉協議会の機能や役割を効果的かつ効率的に発揮できるよう、事業の検討・改善を図るとともに、財源の確保に努め財政基盤の安定化を引き続き行ってまいります。

地域福祉活動計画

常陸太田の地域福祉を一層推進するため、市と社会福祉協議会が一体的に策定しました。
市の地域福祉計画、社協の地域福祉活動計画、19地区ごとの地区福祉活動計画が1冊にまとめられています。

幸せつなぐ いきいきプラン(第2期常陸太田市地域福祉計画・第2期常陸太田市地域福祉活動計画)(一括)
表紙
はじめに
第1章 地域福祉の理解
第2章 計画推進の方向性
第3章 地域福祉計画の施策
第4章 地域福祉活動計画の施策
第5章 地区地域福祉活動計画
資料集

事業・財務等

社会福祉法人現況報告書

現況報告書(令和2年4月1日現在)
現況報告書(平成31年4月1日現在)
現況報告書(平成30年4月1日現在)
現況報告書(平成29年4月1日現在)
現況報告書(平成28年4月1日現在)

事業計画・予算

令和2年度事業計画予算
平成31年度事業計画予算
平成30年度事業計画予算
平成29年度事業計画予算
平成28年度事業計画予算
平成27年度事業計画予算

事業報告・決算

平成31年度事業報告計算書類
平成30年度事業報告計算書類
平成29年度事業報告計算書類
平成28年度事業報告計算書類
平成27年度事業報告計算書類

組織

◇ 組織 ◇

◇ 事務局組織 ◇

事務分掌

事務分掌

会員会費

地域福祉をささえる大きな力! ~会員加入のお願い~

 常陸太田市社会福祉協議会は、「すべての人が 安心して幸せに暮らせる まち」を基本理念に、人と人がふれあい・支え合い・助け合う地域福祉の推進、高齢者や障がい者の自立支援、在宅福祉を支える福祉サービス、ボランティアの育成・活動支援など、さまざまな福祉事業に取り組んでいます。
 ご協力をいただく会費は、社会福祉協議会の運営や社会福祉協議会各支部における小地域福祉活動を実践するために欠かせない大切な財源であり、地域福祉をささえる大きな力となりますので、一人でも多くの方々に活動の趣旨をご理解いただき、会員加入にご協力をお願いいたします。

会員とは?

社会福祉協議会の事業にご理解をいただき、会費を納入することのよる「財政的支援」にご協力をいただける方のことです。

○一般会員 500円 
○賛助会員 年額一口 1,000円以上
○特別賛助会員 年額一口 10,000円以上

会費の納め方は?

毎年4月~6月の期間に、町会関係者のご協力をいただき会員募集を行い、全世帯にお願いしています。
また、年間をとおして直接社会福祉協議会にお届けいただくこともできます。

使い道は?

納入額の約30%が社会福祉協議会各支部で行う地域の特性に合ったさまざまな活動の財源となります。また、各町会の福祉活動、地域での見守り活動やボランティア活動の支援、相談支援などの財源に充てられます。